前へ
次へ

インプラント手術の利点

いままで、歯を失くしてしまったときに実行されていた補綴治療にないインプラントにはメリットがあります。
まず硬い物でも噛むことができる点が大きなメリットです。
チタンの人工歯根を顎骨に及ぶまでダイレクトに埋入していることから、きちんと固定されています。
したがって、自身の歯が存在するのと同様に硬い物についても噛めます。
また、入れ歯同様、利用している間にズレるリスクも、あまりありませんので、快適に利用することができます。
それに加えて、固定によって、入れ歯のようなかなりの違和感や拒否感を覚えづらいという特色もあります。
加えて天然歯に相当する外見があります。
オールセラミックスを取り入れれば、天然歯にそっくりの外見上の義歯を入れられます。
さらに、オールセラミックスは、金属を利用しないことから天然歯のような透き通るような感じがあり、普通の歯と対比しても区別が付きづらいです。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren2set?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

ほかにもまわりの歯に向けての影響が少ない点もメリットの一つです。
部分入れ歯に関しては、まわりの残ったままの歯にクラスプと言われているバネをひっかけ、そして、ブリッジについては隣りの歯を削って柱とし、義歯を固定することになります。
その影響を受けて、義歯を固定化するため負担がかかってしまうことになって、寿命が短くなります。
しかしながらインプラント手術は、失くしてしまった歯1本に対しまして1本を個別になって埋入して人工歯をささえますので、まわりの歯に負担をかけません。
そして、咀しゃくなどを通して、歯を介して顎骨へと噛み合う刺激が行き渡ると、骨吸収がセーブされて骨の厚みや高さがキープされます。
しかしながら、歯が抜け落ちた部分を入れ歯やブリッジによって補ったケースでは、失くしてしまった部分の骨に対して噛んだ際の刺激が入らず、骨吸収がもたらされてしまいます。
インプラント手術は顎骨において人工歯根を埋入しますから、咀しゃくの刺激自体が骨に伝達し易く、骨吸収が阻止されます。

Page Top